DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Faculty of Fisheries > Bulletin > Bulletin of the Faculty of Fisheries > 第8号 >

アコヤガイの生殖巣の組織学的観察―環境条件の異なる海域における生殖巣熟度の差異について


File Description SizeFormat
suisan08_259.pdf8.02 MBAdobe PDFView/Open

Title: アコヤガイの生殖巣の組織学的観察―環境条件の異なる海域における生殖巣熟度の差異について
Other Titles: Histological Observation of the Gonad of the Pearl-Oyster, Pinctada martensii (DÜNKER)―On the Monthly Variation of Gonad Maturity at those Coasts in Different Environmental Conditions
Authors: 八木原, 晴之 / 立石, 新吉 / 藤岡, 城
Authors (alternative): Yagihara, Haruyuki / Tateishi, Shinkichi / Fujioka, Shiro
Issue Date: 30-Nov-1959
Publisher: 長崎大学水産学部
Citation: 長崎大学水産学部研究報告, v.8, pp.259-269; 1959
Abstract: 長崎県における環境条件の異なる五漁場より2年および3年生のアコヤガイを蒐集し,その生殖巣の組織学的周年変化の観察を試みた。 1 環境条件の異なる海域に生息していても全般的にみて生殖巣の成熟度には顕著な差異は認められない。然しながら若干の差異はある。2 組織像からみて長崎県下のアコヤガイ産卵期は6~1O月の間であり,最盛期は8月であると思われる。3 雌雄により生殖巣の成熟度に差異があり,雄に比し雌の生殖巣が早く成熟する傾向が見ちれた。 4 年令差による生殖巣成熟度の差異は一般に雌では2年貝よりも3年貝が早く,雄では3年貝よりも2年貝が早く成熟する傾向を示した。 5 供試個体中に15個体の雌雄同体個体が観察された。精巣の中に卵のみられる精巣卵と同時に卵巣中に精虫のみられる個体も見出された。 6 性比は略々雌1に対し雄1.3の割合であった。
URI: http://hdl.handle.net/10069/31868
ISSN: 05471427
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:第8号

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/31868

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace