DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Faculty of Fisheries > Bulletin > Bulletin of the Faculty of Fisheries > 第6号 >

PPC法における濾紙面アミノ酸の湿熱発色法


File Description SizeFormat
suisan06_018.pdf347.18 kBAdobe PDFView/Open

Title: PPC法における濾紙面アミノ酸の湿熱発色法
Other Titles: Paperchromatography by "Wet-heat" Colouring Method of Amino Acids
Authors: 保田, 正人
Authors (alternative): Yasuda, Masato
Issue Date: 28-Feb-1958
Publisher: 長崎大学水産学部
Citation: 長崎大学水産学部研究報告, v.6, pp.18-21; 1958
Abstract: 濾紙面アミノ酸を一定量の水蒸気及びアンモニアガスを発生させた密閉容器中でニンヒドリンによつて発色させる方法を湿熱発色法と仮称し,その呈色条件を検討した. 1)容器の大さに従って蒸気量には適量範囲が存在し,この範囲において呈色は著しく強くなる. 2)ニンヒドリン溶液濃度は乾熱或は吸湿乾熱発色の場合より低濃度で一致した値が得られる. 3)加熱温度差による影響が大で,低温部は値差が大となり呈色安定範囲が著しく狭くなる. 4)操作を分割し,ニンヒドリン噴霧回数を増し,短時間加熱を繰返す事によつて呈色は更に増大するも呈色一致の為には操作を2分割し水及びアンモニア水の滴下を組合せた場合が最も良好であつた. 5)この方法によつて求められ濃度吸光度線は良くBEERの法則に適合し,呈色強度も強く,最小検出量も低い点は発色法として有効である. 6)アミノ酸の種類によつては異常呈色を認める場合が比較的多く,又容器毎に最適条件を見出さねばならぬ事と同一条件保持が特に要求される点は欠点といえる.
URI: http://hdl.handle.net/10069/31920
ISSN: 05471427
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:第6号

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/31920

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace