DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Faculty of Fisheries > Bulletin > Bulletin of the Faculty of Fisheries > 第5号 >

アコヤガイ貝殼及び養殖真珠の真珠層蛋白質構成アミノ酸について


File Description SizeFormat
suisan05_121.pdf519.8 kBAdobe PDFView/Open

Title: アコヤガイ貝殼及び養殖真珠の真珠層蛋白質構成アミノ酸について
Other Titles: Amino Acid Components in Pearl-layer Proteins of Shell and Cultured Pearl of Pteria martensii DUNKER (Pearl Oyster)
Authors: 保田, 正人 / 土屋, 穰 / 上田, 泰司
Authors (alternative): Yasuda, Masato / Tsuchiya, Minoru / Ueda, Taisi
Issue Date: 28-Feb-1957
Publisher: 長崎大学水産学部
Citation: 長崎大学水産学部研究報告, v.5, pp.121-127; 1957
Abstract: アコヤガイ貝殻の各部位及び真珠について,それ等の真珠層蛋白質(Concholin)のアミノ酸構成を検討した. 1.真珠層に含有されるConcholinは部位によつてその組成を異にし,同一貝殻においても単一体ではなく,Albuminoidに属するもののうちでも特殊な類似蛋白質群と考えられる. 2.Concholin構成アミノ酸の種類は17種が認められ,一般蛋白質と大差なく特殊なものは存在しない.然し量的にはかなり特徴があり腹縁部は他の部位とかなり,組成を異にしている.又真珠においても一致したものではなく,貝殻の各部位に類似した構成のものの存在が認められた. 3.Concholinのアミノ酸構成と真珠の色調との間には関連性は存在しないと思われる.光沢との関係は確認出来ない. 4.脱灰操作中全Nに対する相当量のN化合物が溶出するが,その中には蛋白質に由来するものが存在するらしく試料調製上更に検討を要する. 又併せて稀塩酸による脱灰条件を検討したが,何れの条件によつても定量用試料としては不溶解物中の灰分が多い為補正を必要とする.
URI: http://hdl.handle.net/10069/31971
ISSN: 05471427
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:第5号

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/31971

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace