DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Faculty of Fisheries > Bulletin > Bulletin of the Faculty of Fisheries > 第4号 >

魚肉の粗脂肪並に水分定量改良法


File Description SizeFormat
suisan04_061.pdf586.57 kBAdobe PDFView/Open

Title: 魚肉の粗脂肪並に水分定量改良法
Other Titles: An Improved Method for Estimation of Crude Fat and Moisture in Fish-meat
Authors: 保田, 正人 / 上田, 泰司 / 土屋, 穰
Authors (alternative): Yasuda, Masato / Ueda, Taisi / Tsuchiya, Minoru
Issue Date: 31-Jan-1956
Publisher: 長崎大学水産学部
Citation: 長崎大学水産学部研究報告, v.4, pp.61-68; 1956
Abstract: 魚肉の粗脂肪及び水分定量にあたりSOXHLET抽出器に代る小型抽出器を組み,これによつて抽出前試料処理法を檢討した結果比較的短時間内に兩者を同時に測定出來るアルコール・エーテル処理抽出法を案出した.1.抽出器の性能はSOXHLET型に遜色なく,使用エーテル量も僅少で,熱源装置共自作可能である.2.抽出速度状況は試料処理法により著差を生ずるが,アルコール・エーテル処理法が最も優れ,処理時間も短く,4時間以内にほぼ完全抽出する.3.抽出後受器の恒量測定はアルコール・エーテル脱水処理で著しく時間が短縮され,簡便法としては1回の処理秤量で粗脂肪の算出が可能である.4.本法は魚肉以外の食品にも適用出來るが,その範圍,條件等は更に檢討を要する.5.本法を用い抽出前後の試料重量差より粗脂肪量を差引く事によつて水分量を簡易に求める事が出來,その値は常壓加熱乾燥法の場合と良く一致する.6.多數の試料を取扱う場合には本法の簡便法は蒸溜法と比較してさほど遜色はなく,經濟的にはむしろ有利な方法と考えられる.
URI: http://hdl.handle.net/10069/32018
ISSN: 05471427
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:第4号

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/32018

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace