DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部自然科学研究報告 > 第45号 >

日本各地におけるエルチチョン火山噴火に伴う山本の混濁係数の変動


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoikuS45_015.pdf655.46 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本各地におけるエルチチョン火山噴火に伴う山本の混濁係数の変動
その他のタイトル: Variations of Yamamoto's Turbidity Coefficient over Japan due to the E1 Chichon Volcanic Cloud
著者: 荒生, 公雄 / 川口, 美奈子 / 松本, 弘子
著者(別表記) : Arao, Kimio / Kawaguchi, Minako / Matsumoto, Hiroko
発行日: 1991年 5月31日
出版者: 長崎大学教育学部
引用: 長崎大学教育学部自然科学研究報告. vol.45, p.15-26; 1991
抄録: Variations of Yamamoto's turbidity coefficient were studied in the period of the E1 Chichon volcanic dust veil for 14 stations in Japan. The most violent eruption of this mountain occurred on 4 April 1982. The results can be summarized as follows: (1) Compared with the levels of the year 1981, the maximun values of the anomalous positive deviation of the turbidity coefficient in 1982-83 ranged from 0.063 to 0.115 with the mean value of 0.090 for 14 stations. (2) These maximums were observed in summer 1982 at Okinawa islands and in winter at Hokkaido, which indicating that the main dense dust cloud in the lower stratosphere moved northward with the averaged velocity of 286km/month (9.4km/day). (3) At the Japanese stations, the effect of Mt. E1 Chicon on the atmospheric turbidity was strong and enduring compared with that of Mt. Agung (1963).
URI: http://hdl.handle.net/10069/32312
ISSN: 0386443X
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第45号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/32312

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace