DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部自然科学研究報告 > 第34号 >

酸化亜鉛セライトによるベンジルアルコールの脱水素反応


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoikuS34_031.pdf230.39 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 酸化亜鉛セライトによるベンジルアルコールの脱水素反応
その他のタイトル: Dehydrogenation of Benzyl Alcohol with Zinc Oxide-Celite
著者: 竹友, 一成
著者(別表記) : Taketomo, Kazushige
発行日: 1983年 2月28日
出版者: 長崎大学教育学部
引用: 長崎大学教育学部自然科学研究報告. vol.34, p.31-34; 1983
抄録: Dehydrongenation of benzyl alcohol was carried out with zinc oxide-celite at various temperatures . Zinc oxide-celite was prepared by heating the precipitate obtained by adding sodium carbonate to zinc nirate solution containing celite. The formation of benzaldehyde, benzene and tolueue was observed. As the gaseous product, CO and H2 generated. / 酸化亜鉛セライトによるベンジルァルコールの脱水素反応を試みた。ベンズァルデヒド,ベンゼン,トルエン,COおよびH2の生成が確認された。高温(4600C)においては,ベンズアルデヒドの脱カルボニル化およびベンジルァルコールの水素化分解が激しく,この触媒の脱水素反応としての適当な反応温度は410℃であった。
URI: http://hdl.handle.net/10069/32563
ISSN: 0386443X
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第34号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/32563

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace