DSpace university logo mark
Advanced Search
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > Faculty of Education > Bulletin > Science bulletin of the Faculty of Education, Nagasaki University > No. 27 >

芳香族アルデヒドの空気酸化反応に関する研究-1 : ベンズアルデヒドの分解反応


File Description SizeFormat
kyoikuS27_023.pdf214.67 kBAdobe PDFView/Open

Title: 芳香族アルデヒドの空気酸化反応に関する研究-1 : ベンズアルデヒドの分解反応
Other Titles: Air Oxidation of Aromatic Aldehyde. I. On the Degradation of Benzaldehyde
Authors: 竹友, 一成
Authors (alternative): Taketomo, Kazushige
Issue Date: 29-Feb-1976
Publisher: 長崎大学教育学部
Citation: 長崎大学教育学部自然科学研究報告. vol.27, p.23-26; 1976
Abstract: Pyrolysis of benzaldehyde in the presence of air resulted in the formation of phenol, benzene, and benzoic acid. In this reaction, the yield of phenol was proportional to it of benzene, but inversevely propotional to it of benzoic acid / ベンズアルデヒドの空気酸化(反応温度235℃,反応時問120分問)を試み,つぎの結果を得た。 1)生成物はフェノール,ベンゼンおよび安息香酸であった。 2)フェノール生成あるいはベンゼン生成と安息香酸生成との問には競合関係があった。 3)フェノールおよびベンゼンの生成は空気存在下におけるベンズアルデヒドの熱分解反応によるものであった。また,パイレックスガラス管壁性状のこれら化合物の生成に及ぼす影響は殆んど認められないようであったが,ガラス管材質の変化は多少ともこの反応に影響を与えるようであった。
URI: http://hdl.handle.net/10069/32813
ISSN: 0386443X
Type: Departmental Bulletin Paper
Text Version: publisher
Appears in Collections:No. 27

Citable URI : http://hdl.handle.net/10069/32813

All items in NAOSITE are protected by copyright, with all rights reserved.

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 Nagasaki University Library - Feedback Powerd by DSpace