DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部自然科学研究報告 > 第26号 >

コリンの酸化-2 : 炭酸銀セライトによるベタインアルデヒドの酸化


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoikuS26_021.pdf361.66 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: コリンの酸化-2 : 炭酸銀セライトによるベタインアルデヒドの酸化
その他のタイトル: Oxidation of Choline. Ⅱ. Oxidation of Betainealdehyde with Silver Carbonate-Celite
著者: 竹友, 一成
著者(別表記) : Taketomo, Kazushige
発行日: 1975年 2月28日
出版者: 長崎大学教育学部
引用: 長崎大学教育学部自然科学研究報告. vol.26, p.21-28; 1975
抄録: Oxidation reaction of Betainealdehyde was investigated. The oxidation procedure was the usual treatment of betainealdehyde with silver carbonate-celite under an atmosphere of nitrogen. From the reaction product, betaine was isolated in fair yield. Oxidation reaction took place comparatively slowly in a dimethyl sulfoxide solution of betainealdehyde, but in an aqueous solution the reaction proceeded rapidly. / 窒素雰囲気下に炭酸銀セライトによるベタインアルデヒドの酸化反応を検討し,次の結果を得た。1.ベタインアルデヒドは酸化されてベタインに変化する。その収率は約90%である。2.この酸化反応は,溶媒がDMSOの場合には比較的ゆっくり進むが,水の場合には比較的はやく進む。3.溶媒がDMSOの場合,反応が進むにしたがって,反応容器の器壁に銀の析出がある。しかし,水の場合にはこの銀鏡反応は認められない。
URI: http://hdl.handle.net/10069/32851
ISSN: 0386443X
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第26号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/32851

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace