DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部人文科学研究報告 > 第32号 >

Evidence for the Use of Word Boundaries in Tonological Rules : An Autosegmental Approach


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoikuJK00_32_11.pdf588.23 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Evidence for the Use of Word Boundaries in Tonological Rules : An Autosegmental Approach
その他のタイトル: 音調規則の適用における語の境界の必要性―オートセグメンタル・セオリーに基づく―
著者: Otsubo, Yoshiko
著者(別表記) : 大坪, 喜子
発行日: 1983年 3月
出版者: 長崎大学教育学部
引用: 長崎大学教育学部人文科学研究報告, 32, pp.49-64; 1983
URI: http://hdl.handle.net/10069/32897
ISSN: 03882772
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第32号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/32897

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace