DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 長崎大学教育学部自然科学研究報告 > 第21号 >

ベンジルアルコールの脱水素反応


ファイル 記述 サイズフォーマット
kyoikuS21_043.pdf584.38 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ベンジルアルコールの脱水素反応
その他のタイトル: Dehydrogenation of Benzyl Alcohol
著者: 竹友, 一成
著者(別表記) : Taketomo, Kazushige
発行日: 1970年 2月28日
出版者: 長崎大学教育学部
引用: 長崎大学教育学部自然科学研究報告. vol.21, p.43-51; 1970
抄録: Benzyl alcohol was to be pyrolyzed at temperature above 260℃. The products obtained were mainly benzaldehyde and toluene. The dehydrogenation of benzyl alcohol with a suitable catalyst also resulted in the formation of benzaldehyde and toluene at temperature below 260℃. As the catalyst, pyrolyzed polyacrylonitrile, pyrolyzed vitamine B2 and pyrolyzed silver carbonate-cellite were used, respectively. The presence of air exerted influence on the yield of the products, and then catalytic method with pyrolyzed silver carbonate-cellite under passing air appeared most efficient for dehydrogenation to benzaldehyde.
URI: http://hdl.handle.net/10069/33067
ISSN: 0386443X
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第21号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/33067

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace