DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 学術雑誌論文 >

深在性真菌症患者におけるLiposomal Amphotericin B(L-AMB)の薬物動態および安全性の検討


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJC61_369.pdf672.37 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 深在性真菌症患者におけるLiposomal Amphotericin B(L-AMB)の薬物動態および安全性の検討
その他のタイトル: Evaluation of pharmacokinetics and safety of liposomal amphotericin B (L-AMB) in patients with deep-seated fungal infection
著者: 河野, 茂 / 小林, 宏行 / 正岡, 徹 / 浦部, 晶夫 / 金丸, 昭久 / 二木, 芳人 / 森, 健 / 原, 耕平 / 池本, 秀雄 / 馬庭, 貴司 / 中條, 英司 / 鈴木, 孝太 / 山口, 英世
著者(別表記) : Kohno, Shigeru / Kobayashi, Hiroyuki / Masaoka, Toru / Urabe, Akio / Kanamaru, Akihisa / Niki, Yoshihito / Mori, Takeshi / Hara, Kohei / Ikemoto, Hideo / Maniwa, Takashi / Nakajo, Eiji / Suzuki, Kota / Yamaguchi, Hideyo
発行日: 2013年 7月
出版者: 日本化学療法学会 / Japan Society of Chemotherapy
引用: 日本化学療法学会雑誌, 61(4), pp.369-379, 2013
抄録: 深在性真菌症罹患患者32名(23~73歳)を対象にLiposomal amphotericin B(L-AMB)を1.0 mg/kg/日,2.5 mg/kg/日または5.0 mg/kg/日の用量で原則7日間連日点滴静注し,薬物動態と安全性を検討した。L-AMB投与1日目の薬物動態ではCmax(平均値±標準偏差)は1.0 mg/kg/日,2.5 mg/kg/日,5.0 mg/kg/日の各用量でそれぞれ5.96±3.02 μg/mL,16.19±7.41 μg/mL,45.71±20.14 μg/mL,また,AUC0-24(平均値±標準偏差)では55.5±39.0 μg・hr/mL,138.5±56.5 μg・hr/mL,390.3±223.2 μg・hr/mLと用量が増すにつれ増加したが,投与量に対し非線形的な相関を示した。副作用は,用量が増すにつれ種類,頻度が増加する傾向にあった。1.0 mg/kg/日投与群で14例中10例(71.4%),2.5 mg/kg/日投与群で9例中8例(88.9%),5.0 mg/kg/日投与群で9例中9例(100%)であった。しかし,本剤の投与を制限する重篤な副作用は認められず,1.0 mg/kg/日~5.0 mg/kg/日を連日投与した場合の安全性と忍容性が確認された。 / The pharmacokinetics and safety of liposomal amphotericin B (L-AMB) were evaluated in 32 patients with deep-seated fungal infections (age, 23-73 years) after intravenous infusion at a dose of 1.0, 2.5, or 5.0 mg/kg/day for seven consecutive days. On Day 1 of treatment with L-AMB at doses of 1.0, 2.5, and 5.0 mg/kg/day, the Cmax (mean ± standard deviation [SD]) was 5.96 ± 3.02, 16.19 ± 7.41, and 45.71 ± 20.14 μg/mL, respectively, and the AUC0-24 (mean ± SD) was 55.5 ± 39.0, 138.5 ± 56.5, and 390.3 ± 223.2 μg·hr/mL, respectively. The Cmax and AUC0-24 increased with increasing doses, but not in a linear manner. The type and incidence of adverse drug reactions tended to increase with increasing doses. Adverse drug reactions were reported in 10 (71.4%) of the 14 subjects in the 1.0-mg/kg/day group, 8 (88.9%) of the 9 subjects in the 2.5-mg/kg/day group, and all (100%) of the 9 subjects in the 5.0-mg/kg/day group. However, no serious, dose-limiting adverse drug reactions occurred, demonstrating the safety and tolerability of daily treatment with L-AMB at doses of 1.0 to 5.0 mg/kg/day.
キーワード: Deep-seated fungal infection / Liposomal amphotericin B / Pharmacokinetics
URI: http://hdl.handle.net/10069/34113
ISSN: 13407007
権利: © 日本化学療法学会 All rights reserved. / 利用は著作権の範囲内に限られる。
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: author
出現コレクション:030 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/34113

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace