DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 130 病院 > 130 学術雑誌論文 >

急性発症1型糖尿病の診断基準(2012)の策定―1型糖尿病調査研究委員会(劇症および急性発症1型糖尿病分科会)報告―


ファイル 記述 サイズフォーマット
JJDS56_584.pdf459.77 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 急性発症1型糖尿病の診断基準(2012)の策定―1型糖尿病調査研究委員会(劇症および急性発症1型糖尿病分科会)報告―
その他のタイトル: Proposal of Diagnostic Criteria for Acute-onset Type 1 Diabetes Mellitus (2012) -Report of the Committee of the Japan Diabetes Society on the Research of Fulminant and Acute-onset Type 1 Diabetes Mellitus-
著者: 川﨑, 英二 / 丸山, 太郎 / 今川, 彰久 / 粟田, 卓也 / 池上, 博司 / 内潟, 安子 / 大澤, 春彦 / 川畑, 由美子 / 小林, 哲郎 / 島田, 朗 / 清水, 一紀 / 高橋, 和眞 / 永田, 正男 / 牧野, 英一 / 花房, 俊昭
著者(別表記) : 川崎, 英二 / Kawasaki, Eiji / Maruyama, Taro / Imagawa, Akihisa / Awata, Takuya / Ikegami, Hiroshi / Uchigata, Yasuko / Osawa, Haruhiko / Kawabata, Yumiko / Kobayashi, Tetsuro / Shimada, Akira / Shimizu, Ikki / Takahashi, Kazuma / Nagata, Masao / Makino, Hideichi / Hanafusa, Toshiaki
発行日: 2013年 9月 7日
出版者: 日本糖尿病学会 / Japan Diabetes Society
引用: 糖尿病, 56(8), pp.584-589; 2013
抄録: 1型糖尿病は膵β細胞の破壊性病変によりインスリンの欠乏が生じて発症する糖尿病であり,発症・進行の様式によって,劇症,急性,緩徐進行性に分類される.今回,本委員会において急性発症1型糖尿病の診断基準を策定した.劇症1型糖尿病の診断基準を満たさず,口渇,多飲,多尿,体重減少などの糖尿病(高血糖)症状の出現後,おおむね3か月以内にケトーシスあるいはケトアシドーシスに陥り,糖尿病の診断早期より継続してインスリン治療を必要とする患者のうち,経過中に膵島関連自己抗体の陽性が確認されたものを「急性発症1型糖尿病(自己免疫性)」と診断し,同患者のうち膵島関連自己抗体が証明できないが内因性インスリン分泌が欠乏(空腹時CPR<0.6 ng/ml)しているものを単に「急性発症1型糖尿病」とする.しかし,内因性インスリン分泌欠乏が証明されない場合,あるいは膵島関連自己抗体が不明の場合には診断保留として期間をおいて再評価することが重要である. / Type 1 diabetes is characterized by the destruction of pancreatic beta cells, which leads to an absolute deficiency in insulin secretion. Depending on the manner of onset and progression, the disease is classified as fulminant, acute or slowly progressive. We herein propose diagnostic criteria for acute-onset type 1 diabetes mellitus. Among patients who develop ketosis or diabetic ketoacidosis within three months after the onset of hyperglycemic symptoms and require insulin treatment continuously after the diagnosis of diabetes, those with anti-islet autoantibodies are diagnosed with "acute-onset type 1 diabetes mellitus (autoimmune)." On the other hand, those whose endogenous insulin secretion is exhausted (a fasting CPR level of <0.6 ng/ml) without verifiable anti-islet autoantibodies are diagnosed simply with "acute-onset type 1 diabetes mellitus." Patients should therefore be reevaluated after certain periods in cases in which the status of anti-islet autoantibodies and/or endogenous insulin secretion is unknown.
キーワード: 急性発症1型糖尿病 / 診断基準 / 自己免疫性 / 特発性
URI: http://hdl.handle.net/10069/34141
ISSN: 0021437X
DOI: 10.11213/tonyobyo.56.584
権利: © 2013 一般社団法人 日本糖尿病学会 / 利用は著作権の範囲内に限られる
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: author
出現コレクション:130 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/34141

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace