DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 学術雑誌論文 >

Potential Construction of a Geopark in Small Islands: Preliminary Qualitative Action Research on the Geopark Concept in the Mishima Village, Kagoshima Prefecture, Japan


ファイル 記述 サイズフォーマット
NATR10_289.pdf1.18 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Potential Construction of a Geopark in Small Islands: Preliminary Qualitative Action Research on the Geopark Concept in the Mishima Village, Kagoshima Prefecture, Japan
その他のタイトル: 小島嶼におけるジオパーク構築の可能性 -日本国鹿児島県三島村のジオパーク構想に関する実践的研究-
著者: Fukami, Satoshi
著者(別表記) : 深見, 聡
発行日: 2014年 2月
出版者: 東北亜細亜観光学会 / Tourism Institute of Northeast Asia
引用: Northeast Asia Tourism Research, 10(1), pp.289-309; 2014
抄録: Geotourism is a new form of tourism, and the potential of constructing a geopark was examined with respect to a small-sized community facing with aging and depopulation―the Mishima village in Kagoshima Prefecture, Japan. Among the associate members of the Japanese Geoparks Network aiming at the authorization of geoparks, only the Mishima village consists of islands as of September 2013. The present study is the first to address,at least in Japan, Korea, and China, the issue on the potential functionality of geotourism in small islands. Qualitative action research by a hearing investigation was conducted to collect views about the Mishima village geopark concept from Mishima village office staff and Satsuma Iojima residents. The present study revealed the theoretical potentiality of the concept, the small island's advantage of being a “gateway for socioeconomic vitalization.”based on spatial completeness. Geopark and geotourism can be geoecological approaches that contribute to the formation of a sustainable community and sustainable tourism in small islands. / ジオツーリズムは、観光の新規の形態であり、ジオパークを構築する可能性が高齢化や過疎化に直面する小規模な地域社会にあたる日本国鹿児島県三島村に関して検討された。ジオパークの認定を目指している日本ジオパークネットワーク(JGN)の準会員のうち、三島村のみが2013年9月現在の時点で島嶼地域にあたる。本研究は、小島嶼におけるジオツーリズムの潜在的可能性に関する問題に取り組んだ、少なくとも日本、韓国および中国での最初の研究である。聞き取り調査による定性的な現地調査を実施し、三島村役場の職員と薩摩硫黄島の住民から三島村のジオパーク構想に関する見解が収集された。本研究から、本構想に理論上の可能性があること、すなわち本小島嶼には空間的完結性にもとづく「社会経済の活性化のためのゲートウェイ」であるという利点が備わっていることが明らかになった。ジオパークおよびジオツーリズムは、小島嶼における持続可能な地域社会と持続可能な観光の形成に寄与する地生態学的な手段となり得る。
キーワード: geoecology / geopark / geotourism / tourist-oriented tourism / community-oriented tourism / small islands / Satsuma Iojima / depopulation / 地生態学 / ジオパーク / ジオツーリズム / 発地型観光 / 着地型観光 / 小島嶼 / 薩摩硫黄島 / 過疎化
URI: http://hdl.handle.net/10069/34201
権利: © 東北亜細亜観光学会
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:070 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/34201

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace