DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 学術雑誌論文 >

Ingestion by Japanese Eel Anguilla japonica Larvae on Various Minute Zooplanktons


ファイル 記述 サイズフォーマット
AquaSci61_261.pdf300.85 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Ingestion by Japanese Eel Anguilla japonica Larvae on Various Minute Zooplanktons
その他のタイトル: 微小動物プランクトンに対するウナギ仔魚の初期摂餌
著者: Wullur, Stenly / Yoshimatsu, Takao / Tanaka, Hideki / Ohtani, Masataka / Sakakura, Yoshitaka / Kim, Hee-Jin / Hagiwara, Atsushi
著者(別表記) : 吉松, 隆夫 / 田中, 秀樹 / 大谷, 諒敬 / 阪倉, 良孝 / 金, 禧珍 / 萩原, 篤志
発行日: 2013年12月
出版者: 日本水産増殖学会 / Japanese Society for Aquaculture Research
引用: 水産増殖, 61(4), pp.341-347; 2013
抄録: We observed the feeding incidence of Japanese eel Anguilla japonica larvae of 6, 7, 8 and 14 days after hatching (DAH) using various minute zooplanktons such as rotifer (Proales similis, Synchaeta sp., Keratella sp., Brachionus rotundiformis, B. angularis) and nauplii of copepod Paracyclopina nana, and compared those results to slurry type diets (i.e., shark eggs for control) to evaluate the usability of these planktons as primary food source for the mass culture of eel larvae. Feeding incidence of the larvae on 6, 7 and 8 DAH was 26.7-100% for slurry type diet, 20-46.7% for Proales similis and 0-6.7% for Synchaeta sp. At 14 DAH, feeding incidence of the larvae on slurry type diet and Proales similis reached to 100%, followed by B. rotundiformis (53.3%), Synchaeta sp. (20%), Keratella sp. (13.3%), and B. angularis (6.7%). On this day, slurry type diet (68.9%), Proales similis (37.2%) and Synchaeta sp. (1.0%) were detected in mid-hindgut while the other ingested rotifers remained in foregut of the larvae. These results suggested the possibility of minute illoricate rotifer Proales similis as an initial food source for Japanese eel larvae among the employed zooplanktons. / ウナギ Anguilla japonica の仔魚飼育にはアブラツノザメ Squalus acanthias の卵を原料とする懸濁態飼料が用いられている。しかし、これをウナギ種苗を量産するために十分量確保できる見込みはなく、大量に確保可能な代替飼料を探す必要がある。本研究では微小動物プランクトン (Proales similis, Synchaeta sp., Keratella sp., Brachionus rotundiformis, B. angularis)とカイアシ類 (Paracyclopina nana) のノープリウス幼生、懸濁態飼料(対照区)を用い、ウナギ仔魚の摂餌行動観察を通じて餌料としての可能性を検討した。孵化後6, 7, 8日目の仔魚の摂餌率はサメ卵ベースの飼料で26.7-100%、Proales similisで20-46.7%, Synchaeta sp.で0-6.7%となった。孵化後14日目の仔魚ではサメ卵飼料とProales similisで100%と増加し、B. rotundiformisでは53.3%、 Synchaeta sp.で20%、 Keratella sp.で13.3%、 B. angularisで6.7%となった。このとき、 68.9%のサメ卵飼料、37.2%の Proales similis、1.0%の Synchaeta sp.が中後腸に達していたが、他のワムシ類は前腸部のみにみたれた。以上の結果から、今回用いた微小動物プランクトンの中では Proales similis が、ウナギ仔魚飼育の餌料生物として最も有望であることが示された。
キーワード: Japanese eel / Larval rearing / Zooplankton / Proales similis
URI: http://hdl.handle.net/10069/34262
ISSN: 03714217
権利: © 2013 Japanese Society for Aquaculture Research
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: author
出現コレクション:080 学術雑誌論文

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/34262

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace