DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 260 言語教育研究センター > 260 紀要 > 長崎大学言語教育研究センター紀要 > 第2号 >

Increasing Motivation in the Japanese University EFL Classroom - Towards a task-based approach to language instruction -


ファイル 記述 サイズフォーマット
JCLS2_1.pdf155.51 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Increasing Motivation in the Japanese University EFL Classroom - Towards a task-based approach to language instruction -
その他のタイトル: 日本の大学英語授業における学習意欲の向上 ―タスクを中心としたアプローチに向けて―
著者: Cutrone, Pino / Beh, Siewkee
著者(別表記) : カトローニ, ピノ / ベー, シュウキー
発行日: 2014年 3月
出版者: 長崎大学言語教育研究センター / Center for Language Studies Nagasaki University
引用: 長崎大学言語教育研究センター紀要, 2, pp.1-20; 2014
抄録: 本稿では、日本の大学におけるEFLとしての英語授業の教授法の現状と課題について考察する。日本の大学の英語授業における学生の学習意欲の低下については、動機づけを理由とする指摘が多くある。この問題の主な原因の一つとしてEFLにおけるシラバスデザインが挙げられる。近年のEFL研究においては、他のアプローチではなく、タスク中心のTBAアプローチをシラバスに取り入れた指導と実践に関する論文が多くみられる。 日本のEFLクラスにおいて、タスクに基づいた学習方法はあまり活用されていない。したがって、本稿では、特に、研究と授業実践を密接にリンクさせたタスク活動中心の学習方法のあり方を提示する 。また、長崎大学のEFLクラスにおけるTBAのデザイン、実践、および教育実践の結果について記述し、分析をおこなう。さらに、この予備的調査研究から、英語教授法(ELT)分野において、TBAが教育効果の高いものであることを確認できたことを示す。
キーワード: EFL pedagogy / task-based language teaching (TBLT) / motivation / syllabus design
URI: http://hdl.handle.net/10069/34308
ISSN: 21876096
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/34308

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace