DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 260 言語教育研究センター > 260 紀要 > 長崎大学言語教育研究センター紀要 > 第2号 >

陕西方言两字组连读变调


ファイル 記述 サイズフォーマット
JCLS2_21.pdf476.81 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 陕西方言两字组连读变调
その他のタイトル: 陜西方言の2字語の連読変調について / The Two-word Phrases Constant Tone Variation in the Dialect of Shaanxi
著者: 楊, 暁安 / 高, 芳
著者(別表記) : Yang, Xiaoan / Gao, Fang
発行日: 2014年 3月
出版者: 長崎大学言語教育研究センター / Center for Language Studies Nagasaki University
引用: 長崎大学言語教育研究センター紀要, 2, pp.21-29; 2014
抄録: 陜西方言は中国北方方言の中でも大変特徴的な方言の一つといえる。歴史、地理等の要因を反映して、陜西方言には複雑な状況が表れている。陜西北方の方言は晋語に属し、陜西南方の方言は四川、湖北など西南官話とのつながりが緊密で、中部の方言に関しては正統な西北方言の地位を保持し、中原官話に属している。本稿は陜西省の6つの代表的な方言点(西安、渭南、商州、安康、漢中、延安)を調査し、そこでの2字語連読変調の状況をまとめて分析するものであり、3部から構成されている。(1)陝西省の地方語区域の概要を紹介し、3つの地方語の代表地である6都市の方言の調類と調値をまとめて比較した。(2)3つの地方語における非重畳2字語連読変調の詳細な分析を行った。(3)重畳2字語とアル化2字語の連読変調について3つの地方語間の比較を進め、その異同を検証した。
キーワード: 陜西方言 / 連読変調 / 晋語 / 中原官話 / 西南官話
URI: http://hdl.handle.net/10069/34309
ISSN: 21876096
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第2号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/34309

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace