DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第94号 >

Production of macrophage activating factors by the mitogen-stimulated lymphocytes of Japanese parrotfish (Oplegnathus fasciatus) and the properties of this factor


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan94_9.pdf208.32 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Production of macrophage activating factors by the mitogen-stimulated lymphocytes of Japanese parrotfish (Oplegnathus fasciatus) and the properties of this factor
その他のタイトル: イシダイのマイトジェン刺激リンパ球によるマクロファージ活性因子の産生と本因子の特性
著者: Xiao, Ning / Yagi, Motoaki / Liang, Jia / Miyazaki, Riho / Wang, Junjie / Taniyama, Shigeto / Tachibana, Katsuyasu
著者(別表記) : 肖, 寧 / 八木, 基明 / 梁, 佳 / 宮﨑, 里帆 / 王, 俊杰 / 谷山, 茂人 / 橘, 勝康
発行日: 2013年 3月
出版者: 長崎大学水産学部 / The Faculty of Fisheries, Nagasaki University
引用: 長崎大学水産学部研究報告, 94, pp.9-15; 2013
抄録: Spleen lymphocytes were prepared from Japanese parrotfish (Oplegnathus fasciatus) and incubated with 100 mg/ml of Concanavalin A bound to Sepharose 4B beads for 48h, and then the stimulated cell supernatants were collected. Thyoglycolate induced, allogenic, peritoneal macrophages were incubated with or without stimulated cell supernatants. Then, the phagocytic activity against inactivated yeast and peroxidase production were measured. Stimulated cell supernatants increased the phagocytic activity and the peroxidase production of allogenic peritoneal macrophages. The activities of these stimulated cell supernatants were lost completely when they were heated at 56℃ for 30 min or dialyzed against a pH 2 buffer for 24h-similar to IFN-γ. Stimulated cell supernatants did not increase phagocytic activity and peroxidase production of heterogenic mouse peritoneal macrophages. These findings suggest that the spleen lymphocytes of Japanese parrotfish can produce a macrophage activating factor in vitro with Concanavalin A bound to Sepharose 4B beads, and that this factor may be IFN-γ. / イシダイの脾臓細胞中のリンパ球をコンカナバリンA(Con A)セファロース4B とともに48時間培養し,その上清によるマクロファージ活性化を検討し,以下の結果を得た。Con A 培養上清で培養したイシダイ腹腔マクロファージの貪食能と細胞内のペルオキシダーゼ活性の両機能は共に亢進していた。イシダイCon A 培養上清をホ乳類でINF-γ 失活処理とされている熱(56℃)あるいは酸(pH2)処理を行ったところ,マクロファージの活性化が消失した。イシダイCon A 培養上清の腹腔マクロファージ活性化の種特異性について,マウス腹腔マクロファージを用いて検討したところ,後者は活性化能を持たず,イシダイCon A培養上清の種特異性が存在した。 以上のことより,養殖イシダイ脾臓細胞中のリンパ球は,Con A で培養するとINF-γ を産生すると推察され,イシダイの魚体内でINF-γ,マクロファージの免疫防御機構の存在が示唆された。
キーワード: peritoneal macrophage / phagocytic activity / IFN-γ / spleen lymphocytes / Japanese parrotfish (Oplegnathus fasciatus) / Concanavalin A
URI: http://hdl.handle.net/10069/34802
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第94号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/34802

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace