DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 080 水産学部 > 080 紀要 > 長崎大学水産学部研究報告 > 第95号 >

大村湾の環境修復に向けた陸起源窒素の取り込みに適した海藻の選択


ファイル 記述 サイズフォーマット
suisan95_41.pdf2.79 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 大村湾の環境修復に向けた陸起源窒素の取り込みに適した海藻の選択
その他のタイトル: Selection of appropriate seaweed to absorb terrestrial nitrogen for the remediation of the coastal environment of the Omura Bay
著者: 豊嶋, 香苗 / 梅澤, 有 / 中田, 英昭
著者(別表記) : Toyoshima, Kanae / Umezawa, Yu / Nakata, Hideaki
発行日: 2014年 3月
出版者: 長崎大学水産学部 / The Faculty of Fisheries, Nagasaki University
引用: 長崎大学水産学部研究報告, 95, pp.41-51; 2014
抄録: The reduction of nutrients supply from the land area is essential management to control the surplus phytoplankton bloom and subsequently mitigate the formation of hypoxic water mass at the bottom layer in the inner bay area. In this study, we tried to clarify the ability for nitrate uptake of several seaweeds under various natural environment conditions of the Omura bay through the incubation experiments. And we tried to find the appropriate seaweed species which effectively absorb nitrate in the estuary having heavy loads of land-derived nutrients with high nitrogen and phosphorus ratio (N:P ratio). Out of six species of the seaweeds (Chaetomorpha crassa, Ulva pertusa, Codium fragile, Hypnea flexicaulis, Padina australis, Sargassum fulvellum), which are often observed in the Omura bay, U. pertusa and C. crassa showed higher removal ability of nitrate and phosphate. Moreover, it was confirmed that U. pertusa, which is widely distributed in the coastal areas of the Omura bay, showed higher uptake of nitrate and photosynthesis potential even in the phosphorus-limited condition, during the night time, and in the low salinity condition of 15 psu. Although U. pertusa is known to cause the severe damage to the coastal ecosystem due to its coverage of the sediment and deterioration-derived smells, it can be suitable seaweed to biotechnologically remediate the coastal environment. / 陸域からの海域への栄養塩供給量を抑制することは,内湾での過剰な植物プランクトンの生産を抑え,底層の貧酸素水塊の形成を緩和する一つの方策であると考えられる。本研究では,内湾の様々な自然環境条件下における海藻の窒素取り込み能力を明らかにし,窒素:リン比が高い河口域において,陸起源の窒素を効率的に吸収する海藻を探すことを目的として実験を行った。大村湾に多く生育する6種の海藻種を同条件で培養したところ,窒素・リンの除去能力の高かった海藻はアナアオサ,ホソジュズモであった。このうち,大村湾で長期間,広範囲で確認されるアナアオサは,リン枯渇条件や夜間,15psuもの低塩分条件でも,速やかに順応し,他の条件と同様の高い窒素除去能力と光合成能力を示した。アナアオサは環境被害をもたらすことでも知られるが,陸域からの窒素・リンの負荷を緩衝する環境修復機能として利用する場合でも,適した生物であることが示された。
キーワード: 藻類 / Macroalgae / 硝酸塩取り込み / Nitrate uptake / アナアオサ / Ulva pertusa / 大村湾 / Omura Bay / リン律速 / Phosphorus limitation / 生物学的環境修復 / bioremedeiation
URI: http://hdl.handle.net/10069/34810
ISSN: 05471427
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第95号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/34810

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace