DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第17巻 第1号 >

「ナガサキ」から「フクシマ」へ -本島等による「浦上燔祭説」の解釈をめぐる一考察-


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo17_1_19.pdf1.39 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 「ナガサキ」から「フクシマ」へ -本島等による「浦上燔祭説」の解釈をめぐる一考察-
その他のタイトル: Between Urakami's Holocaust and Fukushima's Catastrophe
著者: 菅原, 潤
著者(別表記) : Sugawara, Jun
発行日: 2014年10月 1日
出版者: 長崎大学環境科学部 / Faculty of Environmental Studies, Nagasaki University
引用: 長崎大学総合環境研究, 17(1), pp.19-30; 2014
抄録: Takashi Nagai insists that the atomic bomb exploding over Urakami Cathedral in Nagasaki is the notice of the providence leading to the end of World War Ⅱ. Hitoshi Motoshima supports Urakami’s Holocaust theory by the assistance of Masaru Fukabori’s memoir in Job in Ground Zero. Accounting for the thought of Gunther Anders, we can assert that the atomic bomb and Fukushima’s catastrophe which the Promethean shamefulness (feeling ashamed of one’s incompleteness in the face of the complete works that one has produced) produces crushes the humanism that has brought up this shamefulness over many years.
キーワード: holocaust / catastrophe / Promethean shamefulness
URI: http://hdl.handle.net/10069/34841
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第17巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/34841

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace