DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第17巻 第1号 >

再生可能エネルギーによる地域経済貢献に関する検討 ~福島第一原子力発電所事故を経て~


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo17_1_99.pdf888.39 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 再生可能エネルギーによる地域経済貢献に関する検討 ~福島第一原子力発電所事故を経て~
その他のタイトル: Study on contributions of renewable energy to local economies ~through the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident~
著者: 野尻, 暉 / 早瀬, 隆司 / 塩屋, 望美 / 中村, 修
著者(別表記) : Nojiri, Hikaru / Hayase, Takashi / Sioya, Nozomi / Nakamura, Osamu
発行日: 2014年10月 1日
出版者: 長崎大学環境科学部 / Faculty of Environmental Studies, Nagasaki University
引用: 長崎大学総合環境研究, 17(1), pp.99-102; 2014
抄録: This study organized previous discussions on renewable energy from a viewpoint of the contributions to local economies. In most previous works, energy business that depends on nuclear energy was considered to have a centralized structure. Meanwhile, renewable energy was considered to be geographically-distributed and have potentials to contribute to local economies. Renewable energy is becoming popular in Japan due to the feed-in tariff system. However, some pointed out that renewable energy was not contributing to local economies, even though it was geographically-distributed.
キーワード: renewable energy / distributed model / local economies
URI: http://hdl.handle.net/10069/34848
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第17巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/34848

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace