DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第17巻 第1号 >

政策提言:農地における太陽光発電の導入


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo17_1_103.pdf941.9 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 政策提言:農地における太陽光発電の導入
その他のタイトル: Introducing photovoltaics power generation in aguricultural land
著者: 野尻, 暉 / 早瀬, 隆司 / 塩屋, 望美 / 中村, 修
著者(別表記) : Nojiri, Hikaru / Hayase, Takashi / Sioya, Nozomi / Nakamura, Osamu
発行日: 2014年10月 1日
出版者: 長崎大学環境科学部 / Faculty of Environmental Studies, Nagasaki University
引用: 長崎大学総合環境研究, 17(1), pp.103-107; 2014
抄録: For Japanese renewable energy policy, we propose the introduction of solar power generation in agricultural land, as a policy with great potential effects on energy independence, creation of employment, contribution to local economies, etc. Our estimate demonstrated that only a relaxation of regulations, without spending taxpayer’s money, would create one million jobs, improve energy independence by 30% of total power generation in Japan, and help economic growth by 3% of annual GDP.
キーワード: renewable energy / solar power generation / agriculture / creation of employment / economic effect
URI: http://hdl.handle.net/10069/34849
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第17巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/34849

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace