DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 東南アジア研究年報 > 第56集 >

元禄享保期における大村藩財政


ファイル 記述 サイズフォーマット
toasia56_1.pdf93.35 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 元禄享保期における大村藩財政
その他のタイトル: Omura-han Finance in Genroku-Kyouhou Period
著者: 柴多, 一雄
著者(別表記) : Shibata, Kazuo
発行日: 2015年 3月25日
出版者: 長崎大学経済学部 東南アジア研究所 / The Research Institute of Southeast Asia, Faculty of Economics, Nagasaki University
引用: 東南アジア研究年報, 56, pp.1-23; 2015
抄録: A debt in Nagasaki was important in Omura-han of the establishment period, but Osaka market becomes important in Keian (1648~1652) period later, Nagasaki market comes to supplement Osaka market. This paper analyses the later Omurahan finance. In Genroku (1688~1704) period, a debt from the Fukazawa family, whaling industry person in the territory, supported Omura-han finance, but in Kyouhou (1716~1736) period, the management of Fukazawa family failed by the default of Omura-han, and the financial administration of Omura-han that couldn't borrow money any more from Fukazawa family fell into a confusion state.
キーワード: finance / Omura-han / Fukazawa family
URI: http://hdl.handle.net/10069/35196
ISSN: 05471443
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第56集

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/35196

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace