DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 教育実践総合センター紀要 > 第13号 >

小学校から中学校への学校移行に伴う不適応行動軽減への取組 ~中学入学後の生徒とのかかわりを通して~


ファイル 記述 サイズフォーマット
Jissen13_179.pdf4.28 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 小学校から中学校への学校移行に伴う不適応行動軽減への取組 ~中学入学後の生徒とのかかわりを通して~
著者: 浦山, 由美子 / 内野, 成美 / 笹山, 龍太郎
発行日: 2014年 3月20日
出版者: 長崎大学教育学部 附属教育実践総合センター
引用: 教育実践総合センター紀要, 13, pp.179-189; 2014
抄録: 小学校から中学校への学校移行にかかわる課題や改善への手がかりをつかむことを目的とし、小中学校教員への学校移行にかかわるアンケート調査と中学1年生の不適応行動軽減のための取組を行った。アンケート調査では、「小中連携」の取組を充実させる必要性と取組を行う上での課題や子どもに小学校までに身につけさせたいこと等小中学校教員それぞれの意識が明らかとなった。不適応行動軽減のための取組では、「児童生徒の状況に合わせた細やかな対応」の視点から『T・Tの活用による学習支援の取組』を、「児童生徒の社会スキル向上」の視点、から『構成的グループエンカウンターやソーシャルスルトレーニング等の取組』を行った。取組前後のQ-U結果比較による分析では、学校生活意欲尺度「学級との関係」の平均点や特別な支援が必要な生徒群の全体的な得点の向上が確認された。最後に、本実践研究の結果から小中の学校移行にかかわる課題改善につながる取組について考察した。
キーワード: 学校移行 / 不適応行動 / 中1ギャップ / 小中連携 / 学習支援 / 社会的スキル
URI: http://hdl.handle.net/10069/35533
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第13号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/35533

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace