DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 教育実践総合センター紀要 > 第13号 >

特別支援学校におけるキャリア教育 ―職場で必要な人間関係形成能力の授業づくり―


ファイル 記述 サイズフォーマット
Jissen13_241.pdf3.78 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 特別支援学校におけるキャリア教育 ―職場で必要な人間関係形成能力の授業づくり―
著者: 寺田, 充希 / 綿巻, 徹 / 笹山, 龍太郎
発行日: 2014年 3月20日
出版者: 長崎大学教育学部 附属教育実践総合センター
引用: 教育実践総合センター紀要, 13, pp.241-250; 2014
抄録: 特別支援学校のキャリア教育の重要課題の1つである職場での人間関係形成能力の授業づくりとして、感謝の言葉、丁寧な言葉づかい、報告行動の指導を実践した。感謝の言葉はソーシャルストーリー法で、丁寧な言葉づかいは4コマ漫画法で、学級規模の指導をA特別支援学校高等部、中学部で行った。一部の対象生徒では相手を見る非言語行動が発話に伴っていなかったが、目標とした言語行動は全対象生徒が可能になった。非言語行動と言語を統合させた報告行動の個別指導を、B特別支援学校中学部の自閉症男子生徒1名に、3構成要素からなる順次除去デザインで行った。(a)行き先を視覚化するためのコンテナ、(b) 支持強化子のシール、(c) 手順書・記録カード(「行く」「見る」「言う」の指示書と、支持強化子貼り付け台紙を兼ねた行動結果自己記録カード)を使って指導した結果、非言語の「行く」「見る」と言語の「言う」の3行動が揃った報告行動の正反応率レベルを、指導前の6.6%から指導後の96.6%に上昇、改善させることができた。最後に、コミュニケーション指導における非言語行動の指導の重要性と、順次除去手続きの有望性について討論した。
キーワード: キャリア教育 / 人間関係形成能力 / 自閉症 / 非言語コミュニケーション / 順次除去デザイン
URI: http://hdl.handle.net/10069/35539
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第13号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/35539

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace