DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 260 言語教育研究センター > 260 紀要 > 長崎大学言語教育研究センター紀要 > 第3号 >

『ボヴァリー夫人』におけるジュスタンの役割について


ファイル 記述 サイズフォーマット
JCLS3_1.pdf377.88 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 『ボヴァリー夫人』におけるジュスタンの役割について
その他のタイトル: Role of Justin in Madame Bovary
著者: 大橋, 絵理
著者(別表記) : Ohashi, Eri
発行日: 2015年 3月 1日
出版者: 長崎大学言語教育研究センター / Center for Language Studies Nagasaki University
引用: 長崎大学言語教育研究センター紀要, 3, pp.1-14; 2015
抄録: This article addresses an issue in the manuscripts analysis of the role of a servant, Justin, in Madame Bovary of Flaubert. He has been considered as a character of minor importance. However, his name often arises in the episodes which determine Emma’s fate, from the very beginning of the manuscripts of this book. For example, Emma first realizes the contempt she feels toward her husband when she notices he always carries his knife like a peasant, and mutual love with Leon also originates with Justin's intervention. Rodolphe, looking at Emma nursing Justin who has fainted, decides to tempt her, and he becomes her first lover. This paper provides a consideration to the role of Justin as intermediary who finally leads Emma to her bankruptcy and to her suicide.
キーワード: Flaubert / Madame Bovary / manuscripts / Justin
URI: http://hdl.handle.net/10069/35758
ISSN: 21876096
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/35758

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace