DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 260 言語教育研究センター > 260 紀要 > 長崎大学言語教育研究センター紀要 > 第3号 >

日本の大学の教養英語授業におけるタスクを中心としたアプローチの実践


ファイル 記述 サイズフォーマット
JCLS3_25.pdf279.16 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日本の大学の教養英語授業におけるタスクを中心としたアプローチの実践
その他のタイトル: A Practical Report on Using a Task-Based Approach in the Japanese University EFL Context
著者: べー, シュウキー / カトローニ, ピノ
著者(別表記) : Beh, Siewkee / Cutrone, Pino
発行日: 2015年 3月 1日
出版者: 長崎大学言語教育研究センター / Center for Language Studies Nagasaki University
引用: 長崎大学言語教育研究センター紀要, 3, pp.25-35; 2015
抄録: This paper considers the current state of EFL pedagogy in Japanese universities. First, this paper gives a brief introduction of English education reform plans in Japan. There is ample evidence to suggest a motivation problem in Japanese university EFL classes. Second, this paper examines the current state and issues surrounding the topic of EFL syllabus design in Japan. Recently, there has been a great deal of research advocating a task-based approach (TBA) over other approaches. Yet, despite its vast potential, task-based learning (TBL) is not often fully utilized in Japanese EFL classes. Third, this paper attempts to provide a much-needed link between research and practice where TBL is concerned. To this end, this paper describes and analyzes the design, implementation and effects of a TBA in an EFL class in Nagasaki University. The initial results seem to confirm that a TBA holds great promise in the field of English Language Teaching (ELT).
キーワード: EFL / task-based learning / motivation / syllabus design
URI: http://hdl.handle.net/10069/35760
ISSN: 21876096
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/35760

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace