DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 260 言語教育研究センター > 260 紀要 > 長崎大学言語教育研究センター紀要 > 第3号 >

A Short Introduction to the History of Dutch Studies in Japan


ファイル 記述 サイズフォーマット
JCLS3_57.pdf1.78 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: A Short Introduction to the History of Dutch Studies in Japan
その他のタイトル: 蘭学の歴史と発展の概要
著者: Yamashita, Noboru
著者(別表記) : 山下, 龍
発行日: 2015年 3月 1日
出版者: 長崎大学言語教育研究センター / Center for Language Studies Nagasaki University
引用: 長崎大学言語教育研究センター紀要, 3, pp.57-77; 2015
抄録: 1600 年にオランダのリーフデ号が日本の臼杵の海岸に着き、この出来事は、現在まで続いている、414 年の日蘭交流の始まりである。出島のオランダ商館は、江戸初期の鎖国令から幕末の開国まで、日本の唯一の欧州への扉であった。欧州についての情報、医学などの科学的知識などは、すべてオランダを通して日本に紹介され、「蘭学」と呼ばれるようになった。この論文は、蘭学の歴史的発展と幕末の没落に関して論ずる。 / In 1600, a Dutch vessel named ‘Liefde’ arrived at the shores of Usuki, Japan. This event marks the start of the relationships between Japan and the Netherlands. The relations between the countries continued when Japan started its policy of isolation, and have lasted for 414 years until the present day. For over 200 years, the Dutch at the island of Dejima in Nagasaki, were the only gateway to the West. All knowledge from and about Europe was introduced to the country via the Dutch and hence became known as ‘Dutch Studies’ or ‘Rangaku’. This article will discuss the development of Rangaku and its ultimate abandonment at the beginning of the 19th century when the country was forcibly opened to the outside world.
キーワード: Dutch Studies / Rangaku / Rangakusha / Dutch-Japanese relations
URI: http://hdl.handle.net/10069/35762
ISSN: 21876096
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/35762

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace