DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 260 言語教育研究センター > 260 紀要 > 長崎大学言語教育研究センター紀要 > 第3号 >

陜西方言の音韻体系 -西安、漢中、延安の方言を例にして-


ファイル 記述 サイズフォーマット
JCLS3_79.pdf625.49 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 陜西方言の音韻体系 -西安、漢中、延安の方言を例にして-
その他のタイトル: Study of the Phonological System in Shaanxi Dialect - A Case Study of Xian, Hanzhong and Yanan Dialect -
著者: 楊, 暁安 / 高, 芳
著者(別表記) : Yang, Xiaoan / Gao, Fang
発行日: 2015年 3月 1日
出版者: 長崎大学言語教育研究センター / Center for Language Studies Nagasaki University
引用: 長崎大学言語教育研究センター紀要, 3, pp.79-87; 2015
抄録: Shaanxi dialect is a complex one composed of three dialects: the dialect of north Shaanxi which belongs to the Jin dialect, the dialect of south Shaanxi which belongs to the Xi’nan dialect, and the dialect of Guanzhong which belongs to the Zhongyuan dialect. Based on a field investigation of the three representative places of the sub-dialects of Shaanxi province (Xi’an, Hanzhong, and Yan’an), this articles makes a detailed analysis of the characteristics of the sound, rhyme and tone of the aforementioned three representative dialects and their metrical similarities and differences, compares their systems of sound and rhyme with those of the Old and Middle Ages, and thereby, explores the characteristics of the system of sound and rhyme of Shaanxi dialect.
キーワード: Jin dialect / Xi’nan dialect / Zhongyuan dialect
URI: http://hdl.handle.net/10069/35763
ISSN: 21876096
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第3号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/35763

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace