DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第18巻 第1号 >

自然エネルギー転換意識とメディア接触 -環境保護に関する学生意識調査2011から-


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo18_1_1.pdf447.85 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 自然エネルギー転換意識とメディア接触 -環境保護に関する学生意識調査2011から-
その他のタイトル: Consciousness of Renewable Energy and Media Use Using the Research Data of University Students in 2011
著者: 保坂, 稔
著者(別表記) : Hosaka, Minoru
発行日: 2015年10月 1日
出版者: 長崎大学環境科学部 / Faculty of Environmental Science, Nagasaki University
引用: 長崎大学総合環境研究, 18(1), pp.1-8; 2015
抄録: There were much information about Fukushima nuclear accident when 2011 Great Eastern Japan earthquake occurred. Then, I expect that the more we use media, the more anti-nuclear consciousness increase. So, I analyzes the relationship between consciousness of renewable energy and media use by using the data of 260 university students in Nagasaki. I can say that there are co-relation between TV use and consciousness of renewable energy but not internet use, newspaper and radio. Perhaps media use of students are a few cases, so the effects of media use are limited.
キーワード: Consciousness of Renewable Energy / Media Use / Environmental Conservation Consciousness
URI: http://hdl.handle.net/10069/35857
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第18巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/35857

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace