DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 070 環境科学部 > 070 紀要 > 長崎大学総合環境研究 > 第18巻 第1号 >

生活習慣病の予防と医療費の削減につながる食生活に関する先行研究レビュー ~科学的根拠のある食育実践に向けて~


ファイル 記述 サイズフォーマット
kankyo18_1_47.pdf650.58 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 生活習慣病の予防と医療費の削減につながる食生活に関する先行研究レビュー ~科学的根拠のある食育実践に向けて~
その他のタイトル: Review of the preceding studies on dietary habits that help prevent lifestyle diseases and reduce medical expenses ―Toward the implementation of science-based dietary education―
著者: 本田, 藍 / 中村, 修
著者(別表記) : Honda, Ai / Nakamura, Osamu
発行日: 2015年10月 1日
出版者: 長崎大学環境科学部 / Faculty of Environmental Science, Nagasaki University
引用: 長崎大学総合環境研究, 18(1), pp.47-53; 2015
抄録: We analyzed extant research to identify dietary habits that reduce medical expenses. We determined diseases and symptoms that strongly affect medical expenses through the examination of extant research. We subsequently extracted the means of prevention of these diseases and symptoms, and dietary habits whose beneficial effects have been scientifically verified. Reducing the intake of high-calorie foods and sweet drinks, eating at least 400g of fruits and vegetables per day, minimizing the intake of salted foods and table salt, and reducing the intake of red meat and avoiding processed meat were extracted as dietary habits that help reduce medical expenses.
キーワード: medical expenses / dietary habits / lifestyle diseases
URI: http://hdl.handle.net/10069/35862
ISSN: 13446258
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第18巻 第1号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/35862

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace