DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第28巻 >

外来で治療を継続している乳がん患者の子供への思い


ファイル 記述 サイズフォーマット
hokenn28_29.pdf352.28 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 外来で治療を継続している乳がん患者の子供への思い
その他のタイトル: The breast cancer patientʼs concerns of their children as a mother
著者: 橋爪, 可織 / 西田, 望 / 安部, 祥代 / 中尾, 由美子 / 月川, 弥生 / 矢野, 洋 / 山之内, 孝彰 / 楠葉, 洋子 / 上野, 和美
著者(別表記) : Hashizume, Kaori / Nishida, Nozomi / Abe, Sachiyo / Nakao, Yumiko / Tsukigawa, Yayoi / Yano, Hiroshi / Yamanouchi, Kosho / Kusuba, Yoko / Ueno, Kazumi
発行日: 2016年 1月
出版者: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
引用: 保健学研究, 28, pp.29-35; 2016
抄録: 本研究の目的は,外来で治療を継続しながら子供を養育している乳がん患者の療養生活における「子供への思い」について明らかにすることである.6 名の対象者に半構成的面接を行い,収集した語りの内容を質的帰納的に分析した.患者の語りから,『子供たちに心配させたくない』『病気扱いされたくな い』『親の責任を果たしたい』『子供への詫び』『自分の経験を活かして欲しい』『子供に支えられている』の 6 つの子供への思いが抽出された.患者は,母親役割を遂行できていないと感じ,子供に対して詫びる気持ちを抱く一方で,子供の存在が精神的な支えとなっていた.子供を養育している乳がん患者が生活を調整しながら治療を継続していくためには,子供の年代に応じた患者への支援,また子供に対する支援も考慮する必要があると考える. / The purpose of this study was to explore the concerns of breast cancer patients as a mother. Data was collected through semi-constitutive interviews with six mothers with breast cancer and analyzed based on the qualitative deductive method. Data analysis revealed six categories of feelings: “not wanting to worry their children”; “not wanting to be treated like a sick mother”; “wanting to fulfill the responsibility as a mother”; “wanting to apologize to their children”; “wanting their children to learn from their mother’s experience of cancer”; and “being supported by children”. While the patients felt apologetic to their children for they felt they were not able to fulfil their role as a mother, the presence of children had been a spiritual support. For breast cancer patients with children who need to adjust their life whilst continuing treatment, nurses are suggested to consider the patient’s children’s age when providing support, and also consider support for the patient’s children.
キーワード: 乳がん / 母親 / 思い / 質的研究 / breast cancer / mother / concern / qualitative research
URI: http://hdl.handle.net/10069/36177
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第28巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/36177

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace