DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第28巻 >

リウマチ性疾患患者のストレス不適応についての研究 -関節リウマチ患者,全身性エリテマトーデス患者と健常人の主観的ストレス関連指標と生理学的指標の比較-


ファイル 記述 サイズフォーマット
hokenn28_37.pdf483.97 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: リウマチ性疾患患者のストレス不適応についての研究 -関節リウマチ患者,全身性エリテマトーデス患者と健常人の主観的ストレス関連指標と生理学的指標の比較-
その他のタイトル: Functional disturbance in stress-adaptation system in patients with rheumatic diseases.-Serum levels of stress-related hormons and stress related substances indicate stress condition in patients with RA and SLE compared to health volunteers-
著者: 松浦, 江美 / 大田, 明英 / 有永, 洋子 / 折口, 智樹
著者(別表記) : Matsuura, Emi / Ohta, Akihide / Arinaga, Yoko / Origuchi, Tomoki
発行日: 2016年 1月
出版者: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
引用: 保健学研究, 28, pp.37-45; 2016
抄録: 本研究では,健常群と関節リウマチ(以下RA)患者群・全身性エリテマトーデス(以下,SLE)患者群のストレス関連指標と共に計算ストレス負荷前後における血清中の種々の神経・内分泌・免疫系学的指標について比較検討することを目的とした.対象者は,健常人46名とA病院膠原病外来でフォローして いるRA,SLE患者のうち,研究参加に同意が得られたRA17名,SLE30名合計47名であった.  その結果,SLE群の自覚ストレスの程度やRA群の痛みの程度は健常群より有意に高値を示した.また, 計算負荷前のコルチゾールとノルアドレナリンレベルはRA・SLE群の方が健常群より高かった.患者群に おいては抗ストレスホルモンであるコルチゾールのストレスに対する反応が低下し,SLE患者においては,ストレスに対する神経系の反応も低下していた.以上のことから,RAやSLE患者では,ストレスに対するHPA axisの慢性的な異常が存在するとともに,新たなストレスに対する適応能力が低下していることが示唆された. / Aim: To clarify functional disturbances of adaptation for stress in hypothalamic-pituitary-adrenal (HPA) axis as a homeostatic system in patients with rheumatic diseases.  Methods: Various serum levels of stress-related hormones were examined before and after a mental calculation stress test, and a basal questionnaire study as to recent stress experiences, and quality of life (QOL) was performed in 17 patients with rheumatoid arthritis (RA), 30 with systemic lupus erythematosus( SLE), and in 46 healthy volunteers.  Results: Basal questionnaire study as to recent stress experiences were significantly increased in SLE patients compared to controls. Basal cortisol and noradrenalin levels were higher in the patients than these in controls. Characteristically, contrary to the control group whose cortisol and β-endorphin levels increased significantly following the stress test, no significant differences were seen in their levels between pre- and post-test in both of the patients, suggesting a defect in normal stress-response system in these patients.  Conclusion: The present results suggest that in RA patients and SLE patients there may be an impaired function in stress-adaptation system.
キーワード: ストレス / 関節リウマチ / 全身性エリテマトーデス / stress / rheumatoid arthritis / systemic lupus erythematosus
URI: http://hdl.handle.net/10069/36178
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第28巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/36178

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace