DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第28巻 >

韓国における在宅酸素療法の現状と課題: 呼吸リハビリテーションに携わる理学療法士の立場から


ファイル 記述 サイズフォーマット
hokenn28_63.pdf532.2 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 韓国における在宅酸素療法の現状と課題: 呼吸リハビリテーションに携わる理学療法士の立場から
その他のタイトル: Current status and problems of long term oxygen therapy in Korea: the point of view of physical therapist who is involved in pulmonary rehabilitation
著者: 禹, 炫在 / 松澤, 靖 / 李, 世源 / 金, 原營 / 千住, 秀明 / 髻谷, 満 / 田中, 貴子 / 神津, 玲
著者(別表記) : Woo, Hyunjae / Matsuzawa, Yasushi / Lee, Seiwon / Kim, Wonyoung / Senjyu, Hideaki / Tabusadani, Mitsuru / Tanaka, Takako / Kozu, Ryo
発行日: 2016年 1月
出版者: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
引用: 保健学研究, 28, pp.63-69; 2016
抄録: 韓国の在宅酸素療法(long term oxygen therapy, LTOT)は1980年に始まり,2006年には健康保険適用となった.しかし,韓国におけるLTOTの現状については不明な点が多い.今回,韓国のLTOTにおける現状と課題を理学療法士の立場から検討することを目的に,韓国の医療施設の内科医を対象に,アンケート調査を実施した.94名から回答が得られ,LTOTの処方にあたっては,安静時および運動時の呼吸困難軽減が主な目的であり,日常生活活動については重要視されていない結果であった.導入時の指導内容 に関して,患者 1 名に対する指導時間の合計は 3 ~ 5 分と短く,全般的に医師中心で行われていた.理学療法士が運動療法,呼吸リハビリテーションの指導に携わる機会は限定されていた.以上の結果から,韓国におけるLTOT導入時には呼吸リハビリテーションを含めた包括的なケアの必要性が示された. / In Korea, long-term oxygen therapy( LTOT) was started in 1980, and it was 2006 that an application of the health insurance was enabled for the treatment. However, the current state of LTOT in Korea is unclear. We investigated using a questionnaire for the physicians of Korean medical facilities for the purpose of considering Korean current state in LTOT and issues from the view point of a physical therapist. As a result of a questionnaire, response was provided from 94 people. The main purpose of prescription of LTOT was reduction of dyspnea, but it was not esteemed about daily life activities. A medical doctor mainly guided to the patient, and there were few chances when a physical therapist participated in guidance of exercise training and the pulmonary rehabilitation. In addition, the total of the instruction time for per a patient was short within 3-5 minutes. These findings suggest that the comprehensive care program is necessary for patients in Korean LTOT development.
キーワード: 韓国 / 在宅酸素療法 / 呼吸リハビリテーション / 理学療法士 / Korea / LTOT / pulmonary rehabilitation / physical therapist
URI: http://hdl.handle.net/10069/36181
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第28巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/36181

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace