DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第28巻 >

母乳外来の満足度調査を実施して -A大学病院における母親への質問紙調査より-


ファイル 記述 サイズフォーマット
hokenn28_93.pdf368.29 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 母乳外来の満足度調査を実施して -A大学病院における母親への質問紙調査より-
その他のタイトル: Evaluation on department of breastfeeding support -regarding mathers who visit A university hospital by questionnaire-
著者: 山本, 直子 / 夏井, 万里子 / 佐藤, 真理 / 神宮, 由記子 / 鳴瀬, 真由美 / 木戸, 千代子 / 赤星, 衣美 / 中尾, 優子
著者(別表記) : Yamamoto, Naoko / Natsui, Mariko / Sato, Mari / Shigu, Yukiko / Naruse, Mayumi / Kido, Chiyoko / Akaboshi, Emi / Nakao, Yuko
発行日: 2016年 1月
出版者: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
引用: 保健学研究, 28, pp.93-98; 2016
抄録: 母乳外来を受診した母親の満足度を評価することを目的に調査を行った結果,満足度は全体的に高かった.母親が相談した数よりも多くのケアを母乳外来で受けていたことや,ケアを提供できる環境や制度が整っていたことが満足度の高かった理由として考えられる.一方,母親の体調への配慮不足,受診の度に担当者が変わるという不満の意見もあった.合併症褥婦の割合が多いことから母親の体力の回復面においては,正常産の母親より時間を要していることをより意識し,配慮していくことや,ケアの一貫 性を保つことが出来るよう,ケア担当者間での情報伝達が重要であると考える.リスクの高い母児に対応したケアを提供するためには今後ケア時間の見直しを検討する必要性が示唆された.
キーワード: 母乳外来 / 満足度 / リスクの高い母子
URI: http://hdl.handle.net/10069/36185
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第28巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/36185

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace