DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 020 経済学部・経済学研究科 > 020 紀要 > 經營と經濟 > 第95巻 第3-4号 >

WTO及びFTA/EPAの関税譲許におけるHS品目表の役割に関する考察


ファイル 記述 サイズフォーマット
Keizai95_3_67.pdf453.77 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: WTO及びFTA/EPAの関税譲許におけるHS品目表の役割に関する考察
その他のタイトル: A Role of the HS Nomenclature on Tariff Concessions in the WTO and EPAs
著者: 鶴田, 仁
著者(別表記) : Tsuruta, Hitoshi
発行日: 2016年 3月25日
出版者: 長崎大学経済学会 / Economics Society of Nagasaki University
引用: 経営と経済, 95(3-4), pp.67-93; 2016
抄録: The Harmonized System has been adopted widely in schedules of tariff concessions in the WTO and EPAs to ensure greater uniformity among members in customs classification for trade facilitation. The Harmonized System once amended several years in order to keep up-todate in the light of changes in technology or in patterns of international trade. For the modification of schedules of concessions, since the approval of the members concerned is required, several versions of the Harmonized System have been respectively applying internationally as well as domestically. This paper indicates some mutual solutions on this, based on present economic law systems especially in Japan.
記述: 長崎大学経済学部創立110周年記念論文集 / Essays in Commemoration of the 110th Anniversary of the Faculty of Economics, Nagasaki University
キーワード: Tariff Concession / Customs Classification / Harmonized System / TPP / ITA / 関税譲許 / 関税分類 / 統一システム
URI: http://hdl.handle.net/10069/36323
ISSN: 02869101
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第95巻 第3-4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/36323

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace