DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 260 言語教育研究センター > 260 紀要 > 長崎大学言語教育研究センター論集 > 第4号 >

日英語の修辞疑問をめぐって―言語の普遍性と多様性の探索(1)―


ファイル 記述 サイズフォーマット
JCLS4_1.pdf1.11 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 日英語の修辞疑問をめぐって―言語の普遍性と多様性の探索(1)―
その他のタイトル: On Rhetorical Questions in English and Japanese - An Exploration of Uniformity and Variability of Human Languages (1) -
著者: 稲田, 俊明 / 今西, 典子
著者(別表記) : Inada, Toshiaki / Imanishi, Noriko
発行日: 2016年 3月 1日
出版者: 長崎大学言語教育研究センター / Center for Language Studies Nagasaki University
引用: 長崎大学言語教育研究センター論集, 4, pp.1-23; 2016
抄録: Rhetorical questions (RQs), generally considered as questions with an illocutionary force of a strong assertion of opposite polarity, do not show the same pattern in different languages. They behave differently in languages like Japanese, where clause types can be marked by sentence-final particles, and languages like English, where there is no morphological clausal typing. We point out that previous studies have not provided a principled account for different behaviors of RQs in English and Japanese, and suggest that those properties apparently unique to RQs should be attributed to the syntactic properties of the two different language types.
キーワード: rhetorical question / wh-construction / island effects / language variability / clausal marking
URI: http://hdl.handle.net/10069/36379
ISSN: 21876096
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/36379

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace