DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 260 言語教育研究センター > 260 紀要 > 長崎大学言語教育研究センター論集 > 第4号 >

コーパス言語データに基づく英語表現の使用域の検証


ファイル 記述 サイズフォーマット
JCLS4_25.pdf1.15 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: コーパス言語データに基づく英語表現の使用域の検証
その他のタイトル: A Corpus-Based Study of Postverbal Elements in English
著者: 西原, 俊明 / 高橋, 明香 / 西原, 真弓
著者(別表記) : Nishihara, Toshiaki / Takahashi, Asuka / Nishihara, Mayumi
発行日: 2016年 3月 1日
出版者: 長崎大学言語教育研究センター / Center for Language Studies Nagasaki University
引用: 長崎大学言語教育研究センター論集, 4, pp.25-39; 2016
抄録: This study adopts a corpus-based approach to examine some grammatical sentence patterns in English and discuss the differences in acceptability among speakers. The target sentence patterns of this study are: Subject NP-Verb-for-NP-to do, and Subject NP-Verb-NP (or PP)-to do. One of the key challenges to language teachers, students, and researchers of English (linguistics) is to well understand and apply useful English sentence patterns in communication settings. The present study carefully examines some commonly used reference books in order to verify whether the information in the reference books matches the actual use of English language, and this study aims to provide precise descriptions of acceptable sentence patters in English.
キーワード: corpus / sentence patterns / acceptability / language variations
URI: http://hdl.handle.net/10069/36380
ISSN: 21876096
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第4号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/36380

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace