DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 教育実践総合センター紀要 > 第15号 >

児童の自己表現力を育む授業づくりに関する実践研究―自他尊重の態度を大切にした伝え合い活動に焦点を当てて―


ファイル 記述 サイズフォーマット
Jissen15_311.pdf6.81 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 児童の自己表現力を育む授業づくりに関する実践研究―自他尊重の態度を大切にした伝え合い活動に焦点を当てて―
著者: 堀之内, 利成 / 立岡, 昌文 / 呉屋, 博
発行日: 2016年 3月20日
出版者: 長崎大学教育学部 附属教育実践総合センター
引用: 教育実践総合センター紀要, 15, pp.311-320; 2016
抄録: 本実践研究では,児童の自己表現力を育む授業づくりの実践的手法を検討することを目的として,小学校4年生を対象に3つの授業実践を行った。1つ目は,アサーション・トレーニング(Assertion Training:以下ATと記す)を活用した自他尊重の 態度を意識付ける特別活動の授業。2つ目は,アサーティプな自己表現スキルとKJ法を関連させて,伝え合い活動の促しを図る特別活動の授業。3つ目は,教科指導との関連を図る一試みとして, ATとKJ法を活用して自己表現力を育む指導についての有効性を検討する社会科の授業である。2つの質問紙調査および授業内に用いたワークシートや振り返りシートの記述内容の分析を行った結果, ATを活用することによって,児童の自他尊重の態度を意識付けていることが示された。また,ATとKJ法を関連させることで,伝え合い活動の促しに寄与していることが示された。さらに,2つの手法を用いた授業は,教科指導においても有効であるということが示された。
キーワード: 自己表現力 / 自他尊重の態度 / 伝え合い活動 / アサーション・トレーニング(AT) / KJ法 / 自己効力感
URI: http://hdl.handle.net/10069/36467
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第15号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/36467

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace