DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 010 教育学部・教育学研究科 > 010 紀要 > 教育実践総合センター紀要 > 第15号 >

外国語活動における「コミュニケーション能力の素地」を養うための授業づくりに関する実践研究~個への関わりと場の設定の工夫を通して~


ファイル 記述 サイズフォーマット
Jissen15_331.pdf6.01 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 外国語活動における「コミュニケーション能力の素地」を養うための授業づくりに関する実践研究~個への関わりと場の設定の工夫を通して~
著者: 川井田, 大輔 / 楠山, 研 / 立岡, 昌文
発行日: 2016年 3月20日
出版者: 長崎大学教育学部 附属教育実践総合センター
引用: 教育実践総合センター紀要, 15, pp.331-341; 2016
抄録: 本実践研究では,「コミュニケーション能力の素地」のーつとして「方略的能力」「情意的素地」を挙げ,その2つを重視するポイントとして「素材・話題そのものへの興味・関心」「異文化・自国の文化への気付き」「発見相手に伝えたい情報・思い」「相手から得たい情報・思い」を挙げた。その4つのポイントをもとに授業実践を行った。質問紙調査・振り返りシート・授業のビデオの分析を行った結果,児童が自分から相手にコミュニケーションを取ろうとする様子や外国の文化に興味・関心を持つ様子が見られた。しかし,相手の言っていることをなんとかして理解しようとする様子や,外国の人と話したいという興味・関心をもっている様子は見られなかったことが課題として残った。
キーワード: 小学校外国語活動 / コミュニケーション能力の素地 / 個への関わり / 場の設定
URI: http://hdl.handle.net/10069/36469
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第15号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/36469

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace