DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学大学院工学研究科研究報告 > 第47巻 第88号 >

人口減少社会を見据えた炭鉱住宅地の変容プロセスに関する研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
47_88_12.pdf613.16 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 人口減少社会を見据えた炭鉱住宅地の変容プロセスに関する研究
その他のタイトル: The study on the transformation process of coal mine residential area with a view of declining population society
著者: 竹村, 潤 / 安武, 敦子
著者(別表記) : Takemura, Jun / Yasutake, Atsuko
発行日: 2017年 1月
出版者: 長崎大学大学院工学研究科 / Graduate School of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学大学院工学研究科研究報告, 47(88), pp.72-77; 2017
抄録: The study is aimed to predict and management for residential districts on today’s population decreasing society. This present paper shows the formation of landuse and the factor in districts of houses for coalminers after coal mine bankruptcy from the view of topographical condition, traffic condition, changes in the number of houses and etc.. As a result, until the residents pass way, although the aging of the house stands out, the socially vulnerability will continue to live because they do not have funds. Also, it is predicted that empty houses and vacant lots will occur in sparsely 20 to 30 years later.
キーワード: coal mining houses / landuse, population decline / industrial conversion / Chikuhou Fukuoka
URI: http://hdl.handle.net/10069/37019
ISSN: 18805574
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第47巻 第88号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/37019

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace