DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学大学院工学研究科研究報告 > 第47巻 第88号 >

ソーシャルミックスを指標とした郊外戸建て住宅地の持続可能性に関する研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
47_88_14.pdf1.56 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: ソーシャルミックスを指標とした郊外戸建て住宅地の持続可能性に関する研究
その他のタイトル: A Study on Sustainability of Suburban Detached Residential Area Based on the Social Mix
著者: 山下, 素史 / 安武, 敦子
著者(別表記) : Yamashita, Motofumi / Yasutake, Atsuko
発行日: 2017年 1月
出版者: 長崎大学大学院工学研究科 / Graduate School of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学大学院工学研究科研究報告, 47(88), pp.83-89; 2017
抄録: This study aims at obtaining knowledge that leads to sustainabili ty of residential areas from the viewpoint of Social Mix. As an indicator of social mix, “employment type”, “demographic composition”, “gender ratio” are used. We conducted a comparative survey of the situation of the target residential areas and the attributes of the resident. By classifying the degree of social mix into two groups, we found the lower the Social Mix, the weaker the permanent residence of younger middle aged people and less there is new influx into residential areas.
キーワード: Social Mix / New Town / Sustainable / Suburban residential area
URI: http://hdl.handle.net/10069/37021
ISSN: 18805574
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第47巻 第88号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/37021

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace