DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第29巻 >

主観的指標と客観的指標からみた足部温浴のリラックス効果~オレンジ・スイートアロマ使用時および未使用時の比較~


ファイル 記述 サイズフォーマット
hokenn29_27.pdf567.83 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 主観的指標と客観的指標からみた足部温浴のリラックス効果~オレンジ・スイートアロマ使用時および未使用時の比較~
その他のタイトル: Objective and subjective effects on relaxation of warm foot bath~Comparison of effects between use and non-use of sweet orange essential oil~
著者: 大島, 美玲 / 米山, 千尋 / 松浦, 江美
著者(別表記) : Ohoshima, Mirei / Yoneyama, Chihiro / Matsuura, Emi
発行日: 2017年 1月
出版者: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
引用: 保健学研究, 29, pp.27-33; 2017
抄録: 足浴は,皮膚を清潔にするだけでなく入眠を促す効果や,リラックス効果を期待できる日常的看護ケアとして知られている.アロマ足浴に関する先行研究では,バイタルサインの変化や主観的尺度を用いた気分の変化に対する研究が多く,バイタルサインの変化以外の客観的指標を用いて評価したものが少ない.そこで,オレンジ・スイートアロマを用いた足浴と温湯のみの足浴前後における主観的指標と客観的指標 から見た足部温浴のリラックス効果を検証することを目的とした.対象者は,看護学専攻の1~4年生(18歳~22歳)の健康な女子学生19名であった.客観的指標として,足浴前後の脈拍,血圧,唾液アミラーゼ活性,主観的指標としてProfile of Mood States(POMS),リラックスの程度(VAS)を調査した.その結果,足浴前後においてPOMS,VAS の有意な改善が認められた.オレンジ・スイートアロマ使用時と温湯のみとの比較では,客観的指標と主観的指標の全項目について有意差は認められなかった.アロマの有 無に関わらず足浴には,「緊張-不安」,「抑うつ-落ち込み」,「疲労」,「混乱」のようなネガティブな気分 を軽減しリラックス効果を高める効果があると考えられる. / Foot baths are known to be used in regular nursing care as an effective way of not only cleansing the skin but of improving sleep latency and increasing feeling of relaxation. Previous studies on the effects of aromatic foot baths have mainly focused on changes in vital signs and subjective sensations, and few have investigated on the effects using objective scales other than changes in vital signs. In this respect, this study aimed to measure the effects on relaxation of warm foot baths with and without use of sweet orange essential oil using objective and subjective scales. Subjects were 19 healthy female first to forthyear nursing students (aged between 18-22). Changes in pulse, blood pressure and salivary amylase activity before and after foot bath were measured as objective effects, and Profile of Mood States (POMS) and Visual Analogue Scale (VAS) were used to measure the subjective effects on relaxation. Results showed that POMS and VAS improved significantly after usage of foot bath. However, use or non-use of sweet orange essential oil showed no significant difference in all objective and subjective scales. Foot baths can be considered to be an effective way of alleviating negative feelings such as “nervousness/ anxiety”, “depression”, “fatigue” and “confusion” and to improve feelings of relaxation, whether with or without use of aromatic oils.
キーワード: 足部温浴 / リラックス / 効果 / オレンジ・スイートアロマ / warm foot bath / relaxation / effect / sweet orange essential oil
URI: http://hdl.handle.net/10069/37031
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第29巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/37031

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace