DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 205 大学教育イノベーションセンター > 205 紀要 > 長崎大学 大学教育イノベーションセンター紀要 > 第8号 >

Implicit Association Test を用いた不安の測定と行動予測


ファイル 記述 サイズフォーマット
JCEI8_1.pdf1.3 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: Implicit Association Test を用いた不安の測定と行動予測
その他のタイトル: Prediction of Anxiety-Relevant Behavior: Implicit Association Test for Measuring Anxiety
著者: 稲垣(藤井), 勉 / 伊藤, 忠弘
著者(別表記) : Inagaki (Fujii), Tsutomu / Ito, Tadahiro
発行日: 2017年 3月 1日
出版者: 長崎大学大学教育イノベーションセンター / Center for Educational Innovation Nagasaki University
引用: 長崎大学大学教育イノベーションセンター紀要, 8, pp.1-16; 2017
抄録: This study aimed to investigate whether explicit (i.e., self-report) and implicit (i.e., Implicit Association Test; IAT; Greenwald, McGhee, & Schwartz, 1998) anxiety measures predict anxiety-relevant behavior. Forty six female undergraduates participated in a difficult speech task inducing anxiety. Results revealed that the explicit trait anxiety uniquely predicted the amount of change for self-reported state anxiety, whereas implicit anxiety uniquely predicted the amount of change for physiological indices (heart race, skin conductance, and blinking). Taken together, we discussed the availability of explicit/implicit measures to assess anxiety.
キーワード: Anxiety / Implicit Association Test / Prediction of Behavior
URI: http://hdl.handle.net/10069/37451
ISSN: 21883467
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第8号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/37451

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace