DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 260 言語教育研究センター > 260 紀要 > 長崎大学言語教育研究センター論集 > 第5号 >

外国語教育におけるインプロヴィゼーションの活用―学習効果によるインプロヴィゼーションゲームの三分類―


ファイル 記述 サイズフォーマット
JCLS5_27.pdf1.01 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 外国語教育におけるインプロヴィゼーションの活用―学習効果によるインプロヴィゼーションゲームの三分類―
その他のタイトル: Application of Improvisation to Second Language Education - Three Types of Improvisation Games -
著者: 隈上, 麻衣 / 宮本, 万理
著者(別表記) : Kumagami, Mai / Miyamoto, Mari
発行日: 2017年 3月 1日
出版者: 長崎大学言語教育研究センター / Center for Language Studies Nagasaki University
引用: 長崎大学言語教育研究センター論集, 5, pp.27-35; 2017
抄録: This study aims at a practical use of Improvisation Game (IG) in Language Education. IGs have been created as training tool to develop the abilities needed in one of the performing genres, Improvisation, which requires players to act spontaneously without script/direction prepared beforehand. Although it has been widely noticed that IGs have positive learning effects, there are few studies categorizing IGs based on crucial factors such as learners’ proficiency. This paper gives a brief introduction of IGs with examples, and proposes three types of IGs on the basis of its properties that can solve traditionally argued problems in language leaning.
キーワード: Second Language Acquisition / Improvisation Game / Icebreaker / Assignment of Meaning/Concept / Performance
URI: http://hdl.handle.net/10069/37466
ISSN: 21898898
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第5号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/37466

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace