DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第35巻 第65号 >

き裂開口に伴う光干渉縞の解析による応力拡大係数の評価


ファイル 記述 サイズフォーマット
35_65_01.pdf754.93 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: き裂開口に伴う光干渉縞の解析による応力拡大係数の評価
その他のタイトル: Estimation of Stress Intensity Factors from Crack Opening Displacements Measured by Interference Fringes
著者: 本村, 文孝 / 今井, 康文 / 才本, 明秀
著者(別表記) : Motomura, Fumitaka / Imai, Fumitaka / Saimoto, Akihide
発行日: 2005年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.35(65), pp.1-4; 2005
抄録: Crack opening displacements were measured by the interference method, when a crack propagates in a transparent material like a glass. To determine the position of each order of the interference fringes, Discrete Fourier Transform and Maximum Entropy Method were applied to the digital image processing. Distribution of the stress intensity factors through a plate thickness and a shape of the crack front were successfully obtained.
キーワード: Thermal Stress Cleaving / Interference Fringe Method / DFT / MEM
URI: http://hdl.handle.net/10069/3758
ISSN: 18805574
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第35巻 第65号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3758

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace