DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学工学部研究報告 > 第35巻 第65号 >

2005年福岡西方沖地震による福岡市内のRC構造物の被害調査報告


ファイル 記述 サイズフォーマット
35_65_06.pdf1.98 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 2005年福岡西方沖地震による福岡市内のRC構造物の被害調査報告
その他のタイトル: Report of Damage to RC Building Structures Cause by Fukuoka Seihouoki Earthquake in 2005
著者: 木村, 祥裕 / 天本, 朱美 / 修行, 稔
著者(別表記) : Kimura, Yoshihiro / Amamoto, Akemi / Shugyo, Minoru
発行日: 2005年 7月
引用: 長崎大学工学部研究報告 Vol.35(65), pp.33-37; 2005
抄録: The Fukuoka Seihouoki Earthquake, magnitude 7.0, occurred at 10:53 A.M. on March 20th 2005. Its hypocenter lay 9km beneath the about 40km northwest offing of Fukuoka. In Fukuoka, it recorded seismic intensity a little less than 6 at the maximum. Severe structural damage was primarily observed in old RC structures. New RC structures were damaged to non-structures such as windows and faced walls. In reclaimed land such as Hakata port wharf, the damage by liquefaction was seen. This report investigates the damage situation for RC structures and Hakata port in Fukuoka.
キーワード: Fukuoka Seihouoki Earthquake / acceleration reply spectrum / new earthquake proofing design method / liquefaction
URI: http://hdl.handle.net/10069/3763
ISSN: 18805574
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第35巻 第65号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/3763

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace