DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学大学院工学研究科研究報告 > 第47巻 第89号 >

熊本地震による長崎県での地震動データの応答解析


ファイル 記述 サイズフォーマット
47_89_44.pdf905.27 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 熊本地震による長崎県での地震動データの応答解析
その他のタイトル: Analytical Study on Response Spectra of Vibration Data at Nagasaki Prefecture by Kumamoto Earthquakes
著者: 内田, 美寿々 / 中原, 浩之
著者(別表記) : Uchida, Misuzu / Nakahara, Hiroyuki
発行日: 2017年 7月
出版者: 長崎大学大学院工学研究科 / Graduate School of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学大学院工学研究科研究報告, 47(89), pp.44-52; 2017
抄録: The 2016 Kumamoto Earthquake which occurred on and after April 14th caused tremendous damage to many buildings. The M6.5 and M7.3 earthquakes occurred on April 14th and 16th continuously by moving the Futagawa fault and Hinagu fault in Kumamoto prefecture. Seismic intensity 5 was observed in Minami-shimabara in Nagasaki prefecture which was known as the area with low seismic hazard level. This report summarizes the results of the response analysis based on the recorded strong motions at 14 seismographs in Nagasaki. The filed survey of damaged buildings was compared to the earthquake spectra.
キーワード: strong motion waveform / design codes for seismic force in Japan / average acceleration method / Level-1 earthquake / Level-2 earthquake
URI: http://hdl.handle.net/10069/37673
ISSN: 18805574
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第47巻 第89号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/37673

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace