DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 060 工学部・工学研究科 > 060 紀要 > 長崎大学大学院工学研究科研究報告 > 第47巻 第89号 >

光学的計測手法による仮設足場を必要としない橋梁点検手法の開発


ファイル 記述 サイズフォーマット
47_89_59.pdf1.02 MBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 光学的計測手法による仮設足場を必要としない橋梁点検手法の開発
その他のタイトル: The Development of Inspecting Method about Bridge without Temporary Scaffold Using Optical Measurement Techniques
著者: 木本, 啓介 / 山口, 浩平 / 奥松, 俊博 / 河村, 太紀 / 松田, 浩
著者(別表記) : Kimoto, Keisuke / Yamaguchi, Kohei / Okumatsu, Toshihiro / Kawamura, Taiki / Matsuda, Hiroshi
発行日: 2017年 7月
出版者: 長崎大学大学院工学研究科 / Graduate School of Engineering, Nagasaki University
引用: 長崎大学大学院工学研究科研究報告, 47(89), pp.59-66; 2017
抄録: This paper shows the development of inspecting method about bridge without temporary scaffold, using and applying the optical measurement techniques about Unmanned Aerial Vehicle and Structure from Motion. In late years UAV and SfM progress innovatively, they are becoming common techniques. SfM is a technology for building a 3D model of the target structure only images taken from multiview. By using the UAV, it is possible to acquire an image from a view point which cannot be confirmed normally, it can be more effective inspection. Thereupon authors verified their techniques at the several bridges, and summarized the measurement range, photography method, measurement precision and investigation time for future use.
キーワード: Structure from Motion (SfM) / Unmanned Aerial Vehicle (UAV) / bridge inspection
URI: http://hdl.handle.net/10069/37675
ISSN: 18805574
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第47巻 第89号

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/37675

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace