DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第30巻 >

成人住民の持つ地域の子ども自律イメージに関連する要因 ―T町の事例から―


ファイル 記述 サイズフォーマット
hokenn30_19.pdf402.78 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 成人住民の持つ地域の子ども自律イメージに関連する要因 ―T町の事例から―
その他のタイトル: A study on the image of independency of children : through a survey of adult residents of T housing complex
著者: 潟手, 遥 / 下田, 倫世 / 平野, 裕子
著者(別表記) : Gatade, Haruka / Shimoda, Michiyo / Ohara-Hirano, Yuko
発行日: 2017年 7月
出版者: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
引用: 保健学研究, 30, pp.19-27; 2017
抄録: 【目的】近年日本において,少子高齢化や地域のつながりの希薄化が進行している.地域住民が子どもを人的資源として期待する度合いを,子どもの「自律イメージ」として測定し,それに関連する社会的・文化的要因について明らかにすることを本研究の目的とする.【対象と方法】本研究では長崎市T町の自治会長から紹介を受けた20歳以上の自治会加入者717名を対象とし,無記名自記式調査票を配布した.155名の対象者から有効な回答が得られた(有効回収率21.6%).「自律イメージ」を規定する要因の分析には,ステップワイズ法を用いて重回帰モデルを構築した.【結果】対象者の平均年齢は58.5(標準偏差:14.3)歳,女性の割合は62.5%であった.自律イメージ得点(レンジ:6-24点)の平均値は14.65(標準偏差:3.21)点であった.重回帰分析の結果,「T町の子どもへの関心」「T町住民の子どもへの接し方(困っているときに相談にのる)」「地域住民に対する信頼度」の順に自律イ メージ得点に影響していた.【結論】T町における子どもの自律イメージは,住民の態度や認識(T町の子どもへの関心の度合い,子どもが困っているときに相談にのること,地域住民に対する信頼度)によって規定されていた. / The independency of children indicates the degree of independence in children’s behavior and is necessary to acquire the social role of being a human resource in communities. Its conceptualization is a prerequisite, especially in the “Engagement of All Citizens” project under the Abe Cabinet. This study aims to obtain basic data that may contribute to the policy of how to develop the children’s role in community settings. An anonymous questionnaire regarding the image of independence of children measured by an original self-rated scale was distributed to adult residents of T housing complex, located in a suburb of Nagasaki City. One hundred and fifty five respondents (response rate: 21.6%) answered the questionnaire. To investigate the construction of the image of children’s independence, a multiple regression model was applied using a stepwise method for choosing independent variables. The results indicated that the strongest indicator of scores for the image of children’s independence was “degree of interest toward children of T housing complex” (beta=-0.244, p=0.0145), followed by “degree of assisting children who are in need” (beta=-0.202, p=0.0226)and “degree of reliability towards T community residents” (beta=-0.184, p=0.0442). The results also indicated that the degree of interest in and contact with children is a key indicator of the image of children’s independence. Interestingly, the degree of reliability of the local community is also considered an indicator of the image of children’s independence. Thus, the reliability of the local adults can be transformed into the reliability of the children residing in the same community.
キーワード: 地域 / 子ども / ソーシャル・キャピタル / 自律イメージ / Community / children / social capital / image for autonomous behavior
URI: http://hdl.handle.net/10069/37710
ISSN: 18814441
資料タイプ: Departmental Bulletin Paper
原稿種類: publisher
出現コレクション:第30巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/37710

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace