DSpace university logo mark
詳細検索
Japanese | English 

NAOSITE : Nagasaki University's Academic Output SITE > 030 医学部 > 030 紀要 > 保健学研究 > 第30巻 >

看護学生のエイジズムに関する研究


ファイル 記述 サイズフォーマット
hokenn30_39.pdf434.98 kBAdobe PDF本文ファイル

タイトル: 看護学生のエイジズムに関する研究
その他のタイトル: A study of nursing studentsʼ ageism
著者: 吉田, 浩二 / 辻, 麻由美 / 原田, 文子 / 大山, 祐介 / 竹嶋, 純平 / 宮原, 春美
発行日: 2017年 7月
出版者: 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科保健学専攻 / Master Course of Health Sciences Graduate School of Biomedical Sciences Nagasaki University
引用: 保健学研究, 30, pp.39-46; 2017
抄録: 【目的】わが国の高齢者人口の増大に伴い高齢者に対する看護の担い手として看護学生が期待される.本研究は,看護学生が潜在的にもつ高齢者へのエイジズム(年齢差別)の実態を明らかにすることを目的とする.【方法】対象はA大学の看護学生で同意が得られた200名(2年生66名,3年生66名,4年生68名)とし,日本語版 Fraboni エイジズム尺度(FSA)短縮版を用いた調査を行った.FSA 短縮版は14項目からなり,「①そう思う」から「⑤そう思わない」の 5 件法で求め,5 - 1 点で得点化する.合計点が高いほどエイジズムが高いことを示す尺度である.収集データから,学年間および同居経験の有無での FSA 得点を統計学的に比較した.【結果】各学年の FSA 平均得点は 2年生26.7±5.9点,3年生26.8±6.3点,4年生26.0±6.1点で,学年比較で有意な差はみられなかった(P=0.72).一方,高齢者との同居経験の有無の比較では,同居経験ありの群で下位項目「誹謗」のみ FSA 得点が有意に高かった(P<0.05).【結論】本研究では,老年看護学の履修状況によるエイジズムの違いはみられなかったが,高齢者との同居経験における違いがみられた.老年看護を担う看護師の育成に向けて,継続して看護学生のエイジズムを含めた高齢者に対するイメージを把握し,老年看護学教育をすすめていく必要がある. / Objective: In Japan, the demand for elderly medical care is on the rise as the elderly population increases, and nursing students have become human resources responsible for their medical care. The purpose of this study was to assess gerontological nursing education and the ageism of nursing students. Methods: We conducted a questionnaire survey among nursing students (n=200), including 2nd year, 3rd year, and 4th year, from September to November 2016. The questions assessed nursing students’ demographic factors, experience living with the elderly, and the Fraboni Scale of Ageism (FSA). We then compared the average FSA score for each grade. Results: The FSA score of the study subjects had an average score of 26.5±6.1 (range:14-41) points. By grade, it was 26.7±5.9 points for 2nd year, 26.8±6.3 points for 3rd year, and 26.0±6.1 points for 4th year. There was no significant difference in the average FSA score by grade level (P=0.72). However, in the comparison of experience living with the elderly, the “Slander” score of FSA sub items was significantly higher in the group with living experience (P<0.05). Conclusion: In this study, the cross-sectional survey revealed that there was no difference in ageism according to grade, but there are difference in living experience with the elderly. In the future, it is necessary to evaluate the relationship between ageism and gerontological nursing education with a longitudinal survey.
キーワード: the elderly / ageism / nursing student / gerontological nursing / the Fraboni Scale of Ageism
URI: http://hdl.handle.net/10069/37712
ISSN: 18814441
資料タイプ: Journal Article
原稿種類: publisher
出現コレクション:第30巻

引用URI : http://hdl.handle.net/10069/37712

このリポジトリに保管されている文献はすべて著作権により保護されています。
印刷やダウンロード等データの複製は、調査研究・教育または学習を目的とする場合に限定されます。

 

Valid XHTML 1.0! Copyright © 2006-2015 長崎大学附属図書館 - お問い合わせ Powerd by DSpace